ゾンヴィガーナ1巻・ゾンビハンター軍団ZERAについての考察

こんにちは、竹光です。

漫画「ゾンヴィガーナ」1巻の考察はこの回にて終わりですのでもう少しお付き合いください!

最後は4話にて登場したゾンビハンター組織、「ZERA」についての考察です。

電子書籍でゾンヴィガーナを読む

↑「ゾンヴィガーナ」1巻未読の方はこちら。今なら120ポイント獲得チャンス!

1ポイント=1円でお買い物の際利用できます!

そして現在無料会員登録で300ポイントプレゼント中なので「ゾンヴィガーナ」がお得に買えます!

スポンサードリンク


———————————————————————————

ZERAについての考察

———————————————————————————

 

◆基本情報

名称:ZERA(ゼラ)

所属団員:グレイス/褐色肌・天然(?)/一般団員

     ロン/全体的に白い・真面目/一般団員(4話にて判明)

ブルタール/目つきの鋭い女性・サボテン好き/師団長

目的:ゾンヴィガーナを回収する(その後は殺すというような発言も)

職務:ゾンビ狩り、大量のゾンビもしくはゾンヴィガーナが関わった事件の調査、    

   ゾンビ感染しないための薬の製造

種族:人間

道具:銃、ガスマスク(師団長は何かトゲトゲ)、通信用トランシーバー(?)

   剣(ブルタールのみ背負っている、二刀流)

◆正式名称(予想)

1巻の4針目「エラディケイト・ゾンビーズ」にて登場したゾンビ専門組織「ZERA」。

ナトにもゾンビハンター軍団と言われていますが、気になったシーンが

こちらでも上記にもありましたが「ゾンビ」ではなく「ゾンヴィガーナ」

この世から殲滅するのが役目だと言っていました。

そして左下のコマで警官が呼びながら駆けつけているところを

みると警察組織と「ZERA」はおそらく連携しているみたいですね。

普通のゾンビ事件(2話冒頭)↓は警官が捜査して、この回の列車事故のような大規模な

ゾンビ事件やのちのゾンヴィガーナ事件なんかが「ZERA」の担当なのだと思います。

 

「ZERA」はおそらく略称ですので上記を踏まえて勝手に正式名称を予想してみました。

 

Z:zomviguarna(ゾンヴィガーナ)これは多分確定だと思います。

E:eradication(殲滅)

↑ページのセリフからもこれかなと思いました、タイトルにも出てますしね。

R:resistance(抵抗)

これは上記の職務でも書いていますがナトに案内している時の

「実はゾンビ狩りだけでなく感染を防ぐ薬も造っている」というセリフからの予想です。

A:agency(機関)

警察との連携からも政府の機関とか特殊な部隊だと思ったのでこれかなと思いました。

 

日本語に当てはめるとなると対ゾンヴィガーナ殲滅・抵抗局といったところでしょうか。

…正式名称が作中で触れられる機会があるかは分かりませんが;

 

◆役職について

さて、まだ登場したばかりですが彼らがナト&マギィの旅路に関わってくるのは明らかですので、ここでZERA内部の考察です。

ZERAの団員は本部の施設内で生活しており、階級制度と団(チーム)で別れているということでした。

総帥

副総帥

←↓→

チームA師団長 チームB師団長 チームC師団長

←↓→

団員 団員 団員

という図式ですが、5話でゾンヴィガーナ事件の連絡を受けて現場に行ったのは

ブルタール師団長と団員達だったので実動部隊は師団長たちが束ねる班であることは間違いなさそうです。

では、総帥&副総帥とはいったい何をしているのかと思いますがこの二人こそが

対ゾンビ感染の製薬を担っているのではないでしょうか?

今のところブルタール班しか登場していませんがおそらく

国全土へ派遣する形でZERAの武闘派部隊は配備されている思われます。

そして彼らにとらえられたゾンヴィガーナを使って対感染の製薬やその生態を調べているのではないでしょうか?

それだと最初にグレイスが言っている「正確には殺さず回収」の意味も通ると思いました。

総帥は全国の部隊の状況や、入ってくる情報から指示を出し

副総帥がそれを現場にと伝えサポートする…とかそんな感じが予想できます。

まあ製薬に関わるのが二人だけということはないと思うので

実験部隊というか研究開発チームみたいなのもありそうですが。

 

 

◆調査した列車事故について

…これはZERAの考察というよりかはまた追加でゾンヴィガーナへの考察になってしまうのですが、

本編でも大きな事件として扱われている3話のゾンビが汽車を襲撃事件です。

「―ゾンビが列車の走行中に襲ってくるなんて」

「線路立ち入りなんかは腐るほどあるがこれは前代未聞」  

と作中でもかなり珍しい事例のようです、下のナトも気になっているようですし。

だからこそ、その後ZERAが調査と後片付けをしていた訳ですがそこでこんなやり取りが。

襲ってきたゾンビを倒していたのは紛れもなくその「釘が刺さった女」なのですが…;

まあ、それは置いといて「先日ゾンヴィガーナが表れた街からそう遠くない。奇襲か…」と

言っているのですがこれは、ゾンヴィガーナ単体なのかそれとも

ゾンビを引き連れたゾンヴィガーナの奇襲とみているのか気になります。

後者だった場合、前回「ゾンヴィガーナがゾンビを生み出す説」が補強された気がするので;

 

しかし今回でちょっと考え直しました面もあります;

史上初の列車襲撃事故が起こった原因はおそらく列車の中で今までにないことが起きていたからだと思います。

それは

マギィ(ゾンヴィガーナ)が列車に乗っていたこと

ではないでしょうか。

マギィは人間のナトと共に行動している稀有なゾンヴィガーナです。

まさか乗客もZERAも最初から乗車していたとは思っていないでしょう。

 

マギィが乗っていたから事件が起きた=マギィ(ゾンヴィガーナ)がゾンビを呼び寄せた

 

というのが自分の予想です。

思えば、1話で宿に飛び込んできたり、2話の泊まる予定の廃教会から出現したり、

3話の列車での襲撃や、5話の森での奇襲などマギィ(ゾンヴィガーナ)の行く先々でゾンビが出現しています。

更に4話では猫ゾンヴィガーナと共鳴(?)しましたし、この猫のゾンヴィガーナもゾンビを引き連れています。

このことから前回の「ゾンヴィガーナがゾンビを生み出す」よりは

 

ゾンヴィガーナが居るところにゾンビが現れる(ゾンヴィガーナがゾンビを呼ぶ)

というのが正しいのではと思いました。これならマギィ達が自覚がないのもこの師団長のセリフもうなずけます。

———————————————————————————

…最後は結局ゾンヴィガーナ考察の補足みたいになってしまいましたが以上がZERAについての考察でした!

まだまだ彼らもそしてナト&マギィも謎が多い「ゾンヴィガーナ」、続きが楽しみです!

 

ゾンヴィガーナ 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス) [ 北屋 けけ ]

価格:493円
(2018/10/20 17:47時点)

↑謎の二人の旅路の幕開け、単行本1巻はこちら!今なら送料無料+ポイント3倍!

 

ではでは、ここまで読んでくださってありがとうございました!            

竹光(タケミツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください